住居用洗剤で汚れ知らずの実内|テキパキ大掃除

汚れに強い家にしよう

2人の女性

子供のいる家は、汚れやすいものです。汚したからと言って子供を叱るのではなく、汚れにくくするような工夫も必要です。そのためには、オレンジやレモンのオイル由来の住居用洗剤を使いましょう。香りもいいため、リフレッシュ効果もあります。

Read More...

日常的に使える便利技

洗浄道具

住居用洗剤は様々な種類や特徴がありますが、使用する場合は使用場所や液性を知っておくと商品選びに苦労しません。また界面活性剤や液性の特徴を知っておくことで掃除が早くキレイに行う事が出来るので掃除に対してこのような知識があると大変便利です。

Read More...

部屋の掃除

調理器具

住居用洗剤はリビングやトイレ、キッチンなどの掃除をする場所によって分けられています。使う場所を間違えると汚れが落ちない可能性があるので注意が必要です。住居用洗剤は便利ですが使いきれないことがあるので、将来的に一括して掃除できる住居用洗剤の販売が見込まれています。

Read More...

汚れを落とすために

掃除用具

汚れに合わせる

自分が住む家はいつもきれいでいて欲しいと思うものです。しかし、いつまでも新品できれいなままでいることは皆無です。いくらきれいに使っていても生活をしていると汚れてしまいます。特に小さな子供やペットがいるとその汚れ具合は大人だけの生活では考えられないくらい汚れてしまいます。汚れた家をきれいに掃除するために欠かせないのが住居用洗剤です。一言で住居用洗剤と言っても、ホームセンターなどで購入することが出来る住居用洗剤はたくさんあります。全てが同じという事はなく、汚れの種類や汚れ具合によって使う住居用洗剤は変わってきます。パッケージに分かりやすいようにイラストが描かれているものもありますが、分かりにくいものも多くあります。汚れによって使い分けるために、どの洗剤が何の汚れに強いのか知っておく事は大切なことです。

三種類に分けられる

住居用洗剤は大まかに分けて、中性と酸性とアルカリ性に分けることが出来ます。一般的に中性の値から酸性とアルカリ性の値が離れる程、汚れが落ちやすくなりますが、酸性とアルカリ性のそれぞれに適している汚れがあるので、合わないものを使用すると汚れは落ちなくなります。中性のものは酸性やアルカリ性のものと比べると洗浄力は落ちますが、幅広い汚れに対応し肌にも優しいです。よく知られているのが台所で使用する食器用洗剤です。酸性のものは、酸の働きを利用して頑固な汚れを落とします。トイレにこびりついた黄ばみや黒ずみ、尿石なども落とすことが出来ます。アルカリ性のものは、台所のガスコンロなどにこびりついて酸化した汚れを分解してきれいにすることができます。酸性とアルカリ性のものは、皮膚に付着すると危険なので使用する時はゴム手袋が必要です。このように住居用洗剤はそれぞれ合った汚れがあるので使用する時は、目的に合わせて購入する事が大切です。