住居用洗剤を選ぶコツ|家中綺麗サッパリしよう

日常的に使える便利技

洗浄道具

間違えない商品選び

住居用洗剤は様々な種類があり用途は様々です。例えば油汚れ用洗剤やトイレ用の洗剤、お風呂用洗剤など様々です。またありとあらゆる場所へ使用できる洗剤もあります。まず特徴として住居用洗剤には界面活性剤が成分として含まれています。界面活性剤には油と水を交じり合わせる様な働きがあり、この成分が含まれている事で汚れの除去が容易に行う事が出来ます。それぞれの住居用洗剤には酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性と分けられています。これは場所によって使い分けることが出来るのです。酸性は主にトイレの汚れ、特に尿石に対して有効です。また弱酸性はお風呂の汚れ、皮脂や石鹸カスなどに有効とされています。酸性のものは人間から出る汚れに有効なのです。中性は負担がかからないためありとあらゆる場所に有効ですが、洗浄力は若干劣ります。弱アルカリ性やアルカリ性は油汚れに有効であり、主にキッチン周りで使用されることが多いのです。このように液性によって有効な場所が異なるため住居用洗剤を選ぶ際は気をつけて選ぶようにしましょう。

汚れを簡単に落とす方法

住居用洗剤を用いて掃除をする際はより効果が得られるような掃除方法をすることを心掛ける事が時間の短縮にもつながります。例えば洗剤を吹きかけた際はすぐふき取ることをしてはいけません。これは住居用洗剤に含まれている界面活性剤が浸透していないためです。洗剤を吹きかけた後は少し時間をおいてから吹き上げることでキレイに汚れが落ちます。特に油汚れがひどい場合はしばらく時間をかけておく事が重要です。また油汚れがひどい食器類は流し台に水を溜めて、その中にアルカリ性の洗剤を入れてしばらく浸けておいてから洗うと簡単に汚れが落とせます。ただしアルカリ性の洗剤は肌に対して負担をかけるため、行う際はかならず手袋などで保護しておいてから洗うように心掛けましょう。洗剤は掃除を行う際の重要な商品です。早くそしてキレイに行うためにもこれらの事を知っておくと便利です。